ここでは、「酒」 に関する記事を紹介しています。

■ジャズグッズをいろいろ集めて紹介。
“モノ”からジャズを眺めてみる!

ジャズマンや楽器などをデザインしたあらゆるモノから
ジャズのイメージアイテム(お酒など)やジャズマンの愛したモノなど
ジャズにまつわるグッズ、アイテムを集めました。
で、たまに雑談…。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャズを聴きながら飲むなら、どんなお酒がいいんでしょうか。
もちろん、人それぞれに「これ」があっていいんですが、
……まあ、実は何でもいいかも(笑)。

このワイン、ニュージーランド産です。
シャトー・オーナーがジャズファンだとか。ラベルが素敵です。
ワインとジャズ、いかがですか。

[2011]All That Jazz Pinot Noirオール・ザット・ジャズ・ピノ・ノワール【テラヴァン・ワイン】 750ml

価格:3,040円
(2014/10/22 23:48時点)


ボトルのシェイプを見て下さい!
トランペット!
「ジャズ・ウォッカ」ですよ。

ジャズ ウォッカ (玉付き) 40度 700ml

価格:2,350円
(2012/12/19 23:53時点)




中身は度数40°の正真正銘なウォッカ。

ジャズの酒といえば、やっぱりバーボンを連想する人が多いんでしょうかね。
でも、このクリアでスマートなボトルデザインはイカしています。
バーボンの琥珀色だったら、また違う印象でしょうね。
オール・ザット・ジャズ!
その昔、同タイトルの映画がありました。素敵なフレーズです。
全部まるっとジャズだよ! みたいな感じでしょうかね。

私が思い出すのは、極東米軍放送(FEN。現在のAFN)には、毎週土曜日の夕方4時から
「All That JAZZ」という素敵な30分プログラムがありました。
エロール・ガーナー、スタン・ケントン、エルモ・ホープ、などなど…
その番組をきっかけにファンになったアーティストは多数です。

そんなマジックワード“オール・ザット・ジャズ”を冠したワインセット。

【送料込】ジャズ好きのワインラヴァー必見!オール・ザット・ジャズ特別価格3本セット

価格:6,995円
(2012/4/2 18:28時点)




おお、3種類飲み比べたい。

さて、ジャズ・スタンダードの名曲に『酒とバラの日々』があります。
原題「The Days of Wine and Roses」

ミュージシャンはよく「じゃ、次は“酒バラ”演ろうか~」なんて、
どことなく“凡庸”のニュアンスを混ぜた言い回しでいうこともあるんですが、
それだけ、多くの人々に愛されてきた証拠でもありますね。

そんな『酒バラ』ですが、私のイチオシ演奏は、オスカー・ピーターソン・トリオのもの。OscarPeterson_WeGetRequwsts.jpg


(アルバム↓)
We Get Requests - Oscar Peterson Trio
(曲↓)
Days of Wine and Roses - We Get Requests

ジャズシンガーのお酒スタンド



このグッズは、インテリア輸入雑貨ショップの月うさぎさんが取り扱っている

これはジャズの流れてないバーなんかにもありそうだなあ。店舗じゃなくてもいいね。ホームバーある人は、そのカウンターの隅っこに置いてみよう。
それにしても“ふくよかな黒人女性シンガー”って、ジャズっぽいグッズ・アイテムに多用されてるよなあ。
まあ、エラ・フィッツジェラルドとか
(↓もちろん左。右はルイ・アームストロング!)
エラとルイ
サラ・ヴォーンとか
サラヴォーン

偉大な女性ジャズシンガーには、大柄な黒人が多いから、なのか…。


でも、素晴らしい白人歌手ミルドレッド・ベイリーもいるよ。
ミルドレッド

日本ジャズ界の至宝、ジャズ・トランペッター日野皓正。
その彼がプロデュースした焼酎です。





取り扱いはシャトーカミヤです。
価格は1260円。

肝心の中身は、甲類焼酎をバーボン樽で寝かせたもの。
甲類焼酎って、限りなくエチルアルコールに近い、いわば安物といったイメージがありますが、
かつてバーボンを熟成させていたオーク樽に詰めて寝かせたことにより、
ほんのりオーク色の、味わい深い一品になったそうです。

ヒノテルがデザインしたというラベルもいいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。